最近多い「家族葬」とは?

年々少しずつ形が変わりつつある葬儀事、昔はどの家でも自宅で取り行う事が一般的でした。

しかし時代の流れとともに、マンションに住む方も増える等住宅事情も様々となり、各地に斎場が作られるようになりました。

葬儀社の手配によりこれらの斎場を使用する事で、自宅を利用するよりも手間なく取り行う事が出来るようになりました。

そして少子高齢化社会となる現代、とても多くなっているのが「家族葬」であり、実際に行われる葬儀の数は、なんと全体の約半数近くを占めるといわれています。

これほどまでに多くなった家族葬、一般的には家族のみで行う場合や、身内や親族などごく内輪の方々で行うというような形を意味していますが、言葉自体が最近できた新語でもあるように、実際にはその定義は明確ではありません。

希望によりごく親しい友人や知人が招かれる場合もあるといいますが、これらはあくまで故人や家族の意向によるものです。

ですから家族葬の場合には、基本的には招かれた場合のみ参列するというのが正しい認識です。

無理やり押しかけるような事のないようにしたいものです。