家族葬をよりよく行うために

昨今は盛大な葬儀をして社会的に認められるような葬儀を行う風潮は少なくなり、自分たちの望む葬儀プランを求める風潮が多くなっています。
葬儀費用のシンプル化や節約を求める方、家族だけの葬儀という密接な時間を過ごしたい方、葬儀の簡略化をしたい方などのそれぞれのニーズに合わせた葬儀がプランニングされるようになりました。
最近は家族葬という葬儀が大きく注目されるようになってきました。
家族葬といっても、その内容や日数や内容は様々です。
通夜葬儀を家族や親しい身内だけで行うものから、葬儀のみを一日で少人数で行うもの、直葬とも言われる直接火葬場に向かい儀式的なものは一切しないものなどがあります。
葬儀費用の節約を目的とした場合は費用の大部分を占める僧侶などへの布施、施設の利用料、祭壇や花などを簡略にします。
家族葬は残された家族や故人の目的や趣旨が大きく反映された葬儀であるといえます。
それらがよりよく反映されるためにも、事前に自らの希望の葬儀が可能かどうかを葬儀社や菩提寺などに確認しておく必要があります。
葬儀は突然の事態です。時間の限られている時に葬儀プランが希望通りになるかどうかは事前準備が重要となります。