家族葬のすすめと注意点。

大事な人との最後の別れは、誰にも気を遣うことなく親しい人達で送りたいと思っている人は多いと思います。結婚式より葬式の方が大変というように、悲しみの中で急いで葬式の準備をしなければいけません。仕事関係や故人の趣味の付き合い、友人等を把握した上でお知らせをする必要もでてきます。どれくらいの人数が参列し、どれくらいの規模にするのかも確認し葬儀場を選ぶ労力もかかります。そこで、親族・身内、限られた親しい知人のみで葬儀を行う「家族葬」がおすすめです。人数が少ないので食事等の決めることが少なくて済み、料金も安くすみます。そして何より周囲に気兼ねすることなく、ゆったりと故人を送ることができます。ただ注意することもあります。仕事関係の付き合いがある場合などは、通常たくさんの方が参列されますが、その方々に失礼にならないように家族葬をするため、参列のお断りをお伝えしなければいけません。また、香典や供花を辞退する場合にはその旨も伝える必要があります。これらのことをきちんと伝えないことでトラブルが起こることもあるので、予め家族葬のための知識をしっておきましょう。