家族葬の注意点。

家族葬は葬儀の中でも新しいという事で、様々な点で重宝するポイントがあります。
しかし、重宝する事柄がある他に気をつけて知っておかなければならない事も存在します。
それは、家族葬の後に不幸を耳にした方に対して適切な対応をしなければならない事です。
一般葬の場合、参列された方に対して挨拶をする際に亡くなってしまった経緯や、参列して頂けた事に対するお礼ができます。
一方、家族葬の場合参列者を家族側が選ぶ事になるので、家族葬の後で不幸を知った時にあまり馴染みない方が自宅に直接来られる事があります。
馴染みがない方に対しておもてなしをする事が負担になってしまうため家族葬を選んだのにも関わらず、結果的に一般葬よりも負担が大きくなる可能性があるのです。
しかも、そのような考えを抱いている方は大勢居るので、多くの人々が自宅に来て連日おもてなしする事になるといったというケースもあります。
こうした点も踏まえた上で一般的な方式にするかを決めましょう。