家族葬に足を運んでもいいの?

家族葬は家族などのごく親しい人たちだけで故人を見送る少人数のお葬式の形態を意味します。少人数ですからその分だけ会場も小さく、お座敷を借りるか自宅の仏間を使うかといった方法が一般的です。また、故人の友人や上司を呼んではいけないという決まりはありませんが、あくまで家族葬は少人数で小規模な会場で行う形態ですから、どんどん呼ぶという話にはなりません。「家族くらいの少人数でひっそり見送るお葬式」と考えればよいでしょう。
この家族葬の困りごとに、「自分は手を合わせに行っていいのかしら?」というものがあります。家族葬という形態で友人や部下が見送られるという話を聞きできれば手を合わせに伺いたいが行ってもいいのだろうかという疑問です。
密葬ではありませんので手を合わせに行くことは問題ありません。ただ、遺族がなぜ家族葬という形態を選んだのかは尊重した方がいいのではないでしょうか。故人の遺志もありかもしれません。ですから、いきなり訪ねず、先に遺族に連絡を取ってみた方がいいと言えるでしょう。