家族葬は時代の反映

一般的な葬儀費用の相場は、200万はかかると言われています。その他お寺やお墓にかかるお金など考えると、ある程度貯蓄がないとできないのではと心配になりますよね。核家族化が進み、家を継いだり墓守をする時代ではなくなりつつあります。地域で担っていた葬儀の形も縮小化、そして簡素化する動きが高まり最近よく耳にするのが家族葬という言葉です。家族葬専門の業者が続々増えて、故人を偲ぶのに関係ない人やつきあいのない親族を入れず、家族とごく近しい人のみで行うのです。家族葬の良いところは、何といっても費用が抑えられる事。そして時間も縮小される事でしょう。葬儀の案内があると、それほど親しくなくてもご無礼することが憚れます。日頃から近隣との付き合いを煩わしく思っていた人にとって、自分を知る限られた人のみで催してくれる葬儀は心強いものです。家族にとっても、無駄に気を使ったり、忙しい思いをせずに内輪で行える家族葬ってありがたいですよね。