土台がしっかりとしていれば良い家族葬

家族葬は規模が大きな葬儀に比べると儀式などが少ないので、遺族は葬儀という雰囲気に飲まれてしまい落ち着いて別れられないという心配が払拭できます。
ただし、家族葬とは言っても全くマナーが存在しないというわけではありません。
比較的柔軟ではありますが、式を進行していく上での流れがありますし、席順も決めなければなりません。
そして、家族葬とは言っても喪主を用意する必要がありますし、挨拶も考えておく必要があるのです。
しかし、せっかく家族葬という形なので、個々が故人に向けて別れの言葉を述べるような形が良いです。
こうした点からわかりますが、マナーといった土台はしっかりとしておけば、亡くなられた方が生前によく耳にしていた音楽を再生したり、参列者全員で写真を眺める時間を確保するのも好ましいです。
一般的な葬儀の場合は、このように写真アルバムなどを見ている余裕など無いので、そういった点で家族葬は静かに皆で過ごせる良い機会だと言えます。