お葬式の形にとらわれ過ぎない

年齢を重ねれば重ねるほど、お葬式に参列することって増えますよね。最初は周りを見ながらドキドキして参列していたと思いますが、何度か出席することによって段々慣れてきてお作法も分かってきたという方も多いと思います。時には、家族や親戚が亡くなって、参列者をお迎えする立場になることもあると思いますが、お葬式の形は本当に多種多様になってきました。芸能人のような豪華というか立派なお葬式ではなかったとしても、故人が好きだった音楽を流したり、本当に家族や身の回りのごくわずかな人数だけで厳かに送られる方もいます。家族葬という言葉は最近ではよく聞くようになりましたよね。また、無宗教葬を取り入れている方も増えてきています。結婚式でも人前式というのが増えてきているように、あくまでも家族との時間を過ごしたいという方が、生前にそのように希望されるそうです。参列者として行った時に、ちょっと驚くようなお葬式の場合もこれから増えてくるかも知れませんが、いずれにしても故人やご家族の希望ですので、最後のお別れの場として短い時間を大切にしたいものですね。

自分の好みのスタイルで葬式を行いたいというときは、葬儀社の生前予約が便利です。生前予約とは文字通り、自分が健康なうちに自身の葬式の内容や費用などを葬儀社と相談して、そのプランを予約しておくシステムのことです。生前予約をしておけば、自分が亡くなった直後に家族が悲しみと混乱の中で急いでプランを決定する精神的・肉体的な負担を減らすことができます。また必要な費用がわかっていれば、そのための貯蓄をしておくことも可能になります。
生前予約が広まってきた背景には、「終活」により自分の死後を考えることがタブー視されなくなってきたことがあります。自分の希望や家族へのメッセージを記したエンディングノートが流行しているのもその一環です。葬式についてもエンディングノートに書いておくことはできますが、希望のプランを確実に行われるようにするには生前予約がお勧めです。
ただしこれには家族の理解が必要です。いずれ訪れるそのときのために、家族とも日頃から話し合っておくことをお勧めします。

<PR>英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 心の童話 / 童話 / 住宅リフォーム総合情報 / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / クレジットカードの即日発行じゃけん / JALカード / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / アフィリエイト相互リンク / 貯蓄 / GetMoney /